(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN ) 

暮らしの自由研究

テーマ:暮らし生活/改善
​対象:全般
暮らし生活を改善するアイデアを
幅広く募集します。

家族の誰かが困っていることを解決する

アイテム (生活 / 育児 / 介護 / 知育玩具等)などや、暮らしを楽しむため、暮らしの改善など。

さらに介護する方、される方の手助けになる、3Dプリンタを活用して作られた多様な作品を期待しています。

​応募者へのメッセージ

家族や自分自身など身近で大切な人達が日々の暮らしの中で困っている事を解決するアイテムを募集します。

あなたが作ったアイデアを、更に様々な人達と共有する事で同じ価値観を持った家族のような繋がりの輪を広げていきたいと考えています。

​カテゴリー2 審査委員長 佐藤明伸

○応募ルール

(1) 誰の為にどのような課題を解決したいのか、思考や制作のプロセスをFabbleに記載してください(対象はペットも可です)
(2)既存のデータを加工して使うのは自由ですが、出典を明記してください

(3)  家族・学校・FAB施設等のサポートを得ることは自由です。ただし、サポートを受けた場合は、サポートした人・組織等を明記して下さい。

 

○審査基準

・着眼点 (つくるきっかけになった要因が説明されていること)  : 30%
・ストーリー性 (制作時の気づき、プロセスが説明されていること) :  30%
・改善度 (何がどう良くなったかの度合い / 関係性も含める)  : 15%
・デザイン性 (どのような配慮がされているか) : 15%
・使い勝手 (日常で使えているか) : 10%

○全カテゴリー共通条件

(1) 応募作品は、3D プリンタなどのデジタル工作機械等を活用し制作した作品に限らせていただきます。

※ただし各カテゴリーによって若干の指定がありますので、各カテゴリーの規定をご確認ください。

※ 3Dプリンタの機種やメーカー、方式、材料は基本的に問いません。

 

(2) 作品の著作権は応募者に帰属します。また、すでに発表された作品等でも構いませんが、 過去に受賞歴のある作品は応募不可とします。制作費用は全てご自身でご負担ください。

 

(3)カテゴリー1を除き、応募作品の提出には、慶應義塾大学で運用している制作日誌共有システム Fabbleを用い、作品のみならず、そのつくりかた、3D データ、 写真、映像等の「レシピ」を公開していただきます。

 

(4)審査については、各カテゴリーの評価基準によって評価が行われます。詳細はWEBサイトをご覧ください。

審査員

MOドライブ、デジタルカメラのファームウエア開発。 2013年よりオープンプラットフォームカメラプロジェクト推進。2014年ユーザーと共に新しい映像体験を創るコミニティOPC Hack&MakeProjectを発足。

その後、2015年に発売された オープンプラットフォームカメラOLYMPUS AIR A01の開発を担当。 ​​

​オリンパス株式会社 画像システム開発1部

カテゴリー2 審査委員長
佐藤明伸  Akinobu SATO

日本大学藝術学部大学院修了後、3DCADを主に使用しインダストリアルデザイン/エンジニアリング業務を経て、 オンライン3Dプリントサービスの立上げに従事。 その後(株)東京メイカーでは中野ブロードウェイに3Dプリンター屋をオープンさせて Managerを務める。

現在はAutodesk Ltd, Japanにて大学と連携してデザイン教育を担当。 デジタルファブリケーションが社会にどんなイノベーション与えるかを研究している。

Autodesk Ltd. Japan

日本大学藝術学部デザイン学科 講師

明治大学 客員研究員

カテゴリー2 審査員
中村翼 Tsubasa NAKAMURA

1984年東京都生まれ。

千葉大学で建築を学んだのち、慶應義塾大学SFC田中浩也研究室でFABを学ぶ。 現在は東京都渋谷区のFabCafe Tokyoと岐阜県飛騨市のFabCafe Hidaを運営。

 

岩岡 孝太郎/プロフィール

FabCafe創設メンバー

ヒダクマ取締役副社長 / CDO

カテゴリー2 審査員
岩岡 孝太郎 Kotaro IWAOKA