(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN ) 

FAB甲子園

テーマ:SoundsFABulous!​
対象:中高生
FABricationで FABulous な
サウンドをクリエイトするアイデアや作品、
パフォーマンスなどを幅広く募集します。

今年のFAB甲子園のテーマは「Sounds FABulous!」です。FABrication(ものづくり)で FABulous な(素晴らしい、とても愉快な、楽しい、あっと驚くような) サウンドをクリエイトするアイデアや作品、パフォーマンスなどを幅広く募集します。

 

3Dプリンタやデジタル工作機械等を使った、ワクワクするような音の楽しみ方であればなんでもOKです。

​応募者へのメッセージ

はるか遠い昔から、私たちの祖先は、石や木を叩いたり、動物の骨に穴を開けて吹いたり、タネの入った植物をゆすったり、毛を束ねた弓をつくってこすったり、様々な「ものづくり」をおこなって、「音を楽しむ」方法を発明してきました。3Dプリンタなどのデジタル工作機械の使用がより身近になった今、あなたなら何をつくり、どうやって音を楽しみますか?ワクワクするような音の楽しみ方、ビックリ仰天なFAB音楽の提案を期待しています。

​カテゴリー3 審査委員長 藤井進也

○応募ルール

(1)  中学校もしくは高校に在学していること。

(2)  ファブ技術で音を楽しんでいる様子(30秒以内)を収めた動画を投稿すること。

(3)  試行錯誤や失敗も含め、思考や制作のプロセスをできるだけ詳しくFabbleに記載してください。

(4)  家族・学校・FabLab 等のサポートを得ることは自由です。ただし、サポートを受けた場合は、サポートした人・組織等を明記して下さい。

 

○審査基準

・3Dファブ技術が効果的に使われているかどうか :  25%

・奏でられた音が「FABulous!」かどうか : 25%

・作品の見た目が「FABulous!」かどうか : 25%

・試行錯誤や失敗も含め、思考や制作のプロセスが詳しく書かれているかどうか。25%

○全カテゴリー共通条件

(1) 応募作品は、3D プリンタなどのデジタル工作機械等を活用し制作した作品に限らせていただきます。

※ただし各カテゴリーによって若干の指定がありますので、各カテゴリーの規定をご確認ください。

※ 3Dプリンタの機種やメーカー、方式、材料は基本的に問いません。

 

(2) 作品の著作権は応募者に帰属します。また、すでに発表された作品等でも構いませんが、 過去に受賞歴のある作品は応募不可とします。制作費用は全てご自身でご負担ください。

 

(3)カテゴリー1を除き、応募作品の提出には、慶應義塾大学で運用している制作日誌共有システム Fabbleを用い、作品のみならず、そのつくりかた、3D データ、 写真、映像等の「レシピ」を公開していただきます。

 

(4)審査については、各カテゴリーの評価基準によって評価が行われます。詳細はWEBサイトをご覧ください。

審査員

京都大学総合人間学部卒、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了、京都大学博士(人間・環境学) 。日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学)、PD(東京大学、ハーバード大学)、海外特別研究員(トロント大学)、東京大学大学院教育学研究科特任助教を経て現職(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)。ドラマーとしてアンミュージックスクール京都校を特待生認定修了。専門は音楽神経科学・音楽身体科学。 ​

 

慶應義塾大学環境情報学部 プロフィール

慶應義塾大学環境情報学部 専任講師

カテゴリー3 審査委員長
藤井進也  Shinya Fujii

研究分野:民族・知覚・比較音楽学

音楽作曲の学士号を米国のAmherst Collegeで取得後、心理学の修士号をカナダのMcMaster Universityで取得、東京藝術大学の音楽学博士課程を修了。オックスフォード大学人類学部の博士研究員として勤務し、2017年に日本学術振興会の育志賞を受賞。

世界の音楽の比較研究に積極的に取り組むことで、音楽自体だけではなく、音楽の文化的・生物的多様性との関係の理解を深めるべく研究を続けている。

様々な音楽ジャンル(日本民謡、コーラス、ジャズなど)の演奏者・作曲者でもある。

Dr.Patrick E.Savage

慶應義塾大学環境情報学部 特任准教授

カテゴリー3 審査員
Patrick E. Savage

フロリダ国際大学の准教授、デジタルデザインコーディネーターとして、大学院のスタジオや高度なデジタル設計および製造コースを担当している。

 

MONAD STUDIO

 

Eric is an architect, with a professional degree from the University of Buenos Aires and a Master of Science in Advanced Architectural Design from Columbia University, New York. He worked for Peter Eisenman as Senior Designer for the City of Culture of Galicia, Spain as well as heading design teams in several competitions. He was also Project Architect for Asymptote Architecture (Hani Rashid & Lise Anne Couture) on projects in Malaysia, The Netherlands and the Guggenheim Museum in Guadalajara, Mexico.


Eric Goldemberg is Associate Professor and Digital Design Coordinator at Florida International University in Miami where he teaches graduate studios and advanced digital design and fabrication courses. Previously he taught at Pratt Institute, Columbia University, New York Institute of Technology, New Jersey Institute of Technology, and University of Buenos Aires.
 

Principal Designer of MONAD Studio

カテゴリー3 審査員
Eric Goldemberg