​個人部門

テーマ: ファブのあるまちづくり

SDGsやウィズコロナの社会など、さまざまな角度から地域の課題解決とテクノロジーとを結び付け、

ファブによってまちの未来をより良くするモノ・コトづくりのアイディアを募集します

応募ルール

  (1) 個人部門対象:小学生、中学生、高校生の個人 (大学生、社会人は応募できません)

  (2) まちのどのような点にフォーカスしたのか、思考や制作のプロセスをFabbleに記載してしてください。 

  (3) 自治体のオープンデータ等、著作権的に問題のないデータをを利用するのは自由ですが、出典を明記ください。

  (4) まちの中での想定する利用シーンを伝える動画あることが好ましいです。

  (5) Fabbleでドキュメンテーションに、必ず半角英数字で該当のハッシュタグをつけて作成してください。

   個人部門のハッシュタグ:#fabcon2020s

 

審査基準

  • 提案の質 

  • 技術の高さと完成度 

  • 独創性 

  • コストパフォーマンス 

  • ドキュメンテーション等 

応募条件

(1) 応募作品は、3Dプリンタなどのデジタル工作機械等を活用し制作した部分が含まれていること

 

(2) 作品の著作権は主催者側に譲渡する必要などはありません。審査結果の発表の際などに、応募のためにFabbleに投稿して頂いたコンテンツを利用させて頂きます。また、本コンテストは、Fabble運営チームと協力体制を取っております。応募者の個人情報も、ご連絡や発表などのためにFabbleなどから取得・利用させて頂きます。

 

(3) すでに発表された作品等でも構いませんが、 過去に受賞歴のある作品は応募不可とします。なお、制作費用はご自身でご負担、ご調達ください。主催者側ではご提供しておりません。

 

(4) 応募作品の提出には、慶應義塾大学で運用している制作日誌共有システム Fabbleを用い、作品のみならず、そのつくりかた、3D/2Dデータ等、 写真、映像等の「レシピ」を公開していただきます。

※ご注意

本コンテストでは、期間内(2020年10月22日迄)に「#fabcon2020s」 のハッシュタグを応募該当ページに付けたことで、自動的にエントリーとなります。タグが付いていない作品や一般公開設定されていない作品は、審査対象にはなりません。審査は、Fabble運営チームと協力体制をとり、Fabbleのアカウント作成の際に登録いただいておりますメールアドレスにご連絡をさせていただきます。応募規約はこちら

応募から審査までの流れ

エントリー受付期間
やる事:Fabbleで応募ページを作成し、該当するハッシュタグを付ける 
※一般公開設定されていないと閲覧出来ないため対象外となります
過去に取り組んだ作品も対象となります - 2020年10月22日
やる事:Fabbleページを期限までに完成させる
※ハッシュタグが付いていれば、自動的に応募作品となります
2020年10月22日(木) 23:59迄
締め切り
2020年10月下旬-11月上旬
WEBSITEにて公開され、受賞候補者にご連絡をさせていただきます
※Fabble登録時のメールアドレスにFabble運営チームよりご連絡がいきます
※返答期間内にお返事が頂けない場合は審査棄権とさせていただきます
審査 / 結果発表
後日掲載

表彰式

(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN )