(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN ) 

後処理の方法
(FFF式3Dプリンタの場合)
超音波カッターで
​サポート材を取り除く
​通常のカッターではなかなか取れないような硬いサポート材でも、超音波カッターを使えば楽々取り除くことができます。さまざまなメーカーのものが市販されており、Amazon等でも購入することができます。


 
ワックスペンで
​溝を細かく埋める
​表面に残る積層痕や溝などは、温度を制御することができる歯科用のワックスペンなどで細部を直すことができます。こちらもAmazonなどで購入することができます。



 
アルコールやアセトンで
​表面をツルツルにする
 
やすりを何度もかけて、気化仕上げをすることで表面の完成度を高めることができます。​


 

by Shigeki Shimizu (2013)

漆などを表面に塗り
​仕上げる​
他にも、マニキュアを使うなどさまざまな塗装とコーティングの試みがあります。さまざまな素材を試してみましょう。