(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN ) 

 
2016 審査結果

このたびは、ファブ3Dコンテスト2016にご応募をいただきありがとうございます。
全カテゴリー合計74名の応募をいただきました。最終審査結果をご報告します。

2016年 最優秀賞作品 

CATEGORY 4

プロ / セミプロの部

Reacushion

(リアクッション)

譜久原尚樹

東京都 サービスエンジニア

優秀賞作品

スイカの維管束

平野 喬久

福岡県 小学校4年

CATEGORY 1

​小学生・中学生の部

虫歯の歯ブラシスタンド

塩塚 貴子

福岡県

CATEGORY 2

家族の部

俺菩薩

三谷 知靖

DMM.make AKIBA アルバイト

CATEGORY 3

フリースタイルの部

特別賞受賞作品

星の大きさと距離

森本 祐衣

埼玉県 小学校4年

http://fabble.cc/tetsu23/yuifab3d2016

CATEGORY 1

​小学生・中学生の部

CATEGORY 2

家族の部

3D Printed IoT

Pet Feeder

高橋 秀

中学生 (St. Mary’s International School)

3D プリンターで「文字」を無理やり日用品にする

渡辺 康太

広尾学園高校 2年

CATEGORY 3

フリースタイルの部

CATEGORY 4

プロ / セミプロの部

voronoi egg shell

是枝 靖久

大阪府 プロダクトデザイナー

ファブ施設賞

施設名 : ファブラボ太宰府


福岡県太宰府市都府楼南2-19-30 

株式会社イーケイジャパン内

URL : http://fablabdazaifu.com/

最優秀賞ノミネート作品を各カテゴリーから一点選び、2次審査にて、最優秀賞1作品、優秀賞3作品を決定しました。また各カテゴリー一点ずつ、魅力ある作品を特別賞として選定いたしました。カテゴリー4は、実戦大会にて評価・決定致しました。

 

また今回のコンテスト応募にあたり、各地のファブ施設にご協力いただきましたので「最優秀ファブ施設賞」を設けることにし、各カテゴリーからの推薦により決定致しました。

2次審査および授賞式は、慶應義塾大学 SFC オープンリサーチフォーラムのセッションプログラムとして公開にて開催致しました。

尚、カテゴリー2,3,4のすべての応募作品はFabbleに投稿されています。たとえば下記のようなキーワードで検索をすることで作品の一部を閲覧することができます。

 

「コンテスト」
http://fabble.cc/search?utf8=%E2%9C%93&q=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

「ファブ3Dコンテスト」
http://fabble.cc/search?utf8=%E2%9C%93&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%963D%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

「fab3d」
http://fabble.cc/search?utf8=%E2%9C%93&q=fab3d

 

ファブ3Dコンテスト
第2次審査のご報告
ファブ地球社会コンソーシアム代表
慶應義塾大学 環境情報学部 教授

 
田中 浩也

 世間の流行やブームとは関係なく、3Dプリンタは、実に面白いメディアだと思います。なぜならば、使う人の個性が出るからです。また、3Dプリンタ自体もまだまだ発展途上の技術です(いろいろ技術的問題が山積しているのは、周知のとおりです)。これからも進化していくこの技術を、「人間の創造性を発揮するためのパートナー」として、正しい方向に導いていくのは、私たちの役目だと思います。

 今回は公開審査の会場において、各カテゴリー審査委員長4名の投票の末、最優秀賞を決定いたしました。この作品はカテゴリー4の実戦大会においてダントツの成績を叩き出したものです。「3Dプリントエッグドロップ」は、今後、被災地にドローンで大切な物を届けたり、コンテナで壊れやすいものを運ぶ際にも応用可能な、技術の試金石になる大切な競技だと考えています。今回の記録が、これから長い年月をかけてどこまで伸びていくか、見届けていきたいと思っています。

 また同時に、他のカテゴリーでは、小学生、中学生、高校生の創造性が光っていました。若い人間が大人になっていく成長の年齢に、技術の進化がシンクロしていることはきっと大切で、私の若いころはそれが「コンピュータ」でしたが、いまの若い世代にはそれが「ファブリケーション」になるのでしょう。

 最後に、第1回ファブ3Dコンテストの成功にご尽力いただいた、応募者の皆様、副賞を提供いただいた関連企業の皆様、制作をサポートいただいた全国各地のファブ施設の皆様、協力メディアの皆様、実戦大会に会場をお貸しいただいた皆様はじめ、関わっていただいたすべての皆様に深く御礼を申し上げます。メーカーからユーザーまで、3Dにかかわるすべての人々が出会える場まで高めていくことが、このコンテストの真の目標です。来年第2回も、3Dプリンタ関連技術の進化、そしてユーザーコミュニティの広がりと並走しながら、よりよいコンテストに発展させていきたいと考えています。

※ 第1次審査のご報告は各カテゴリーページに掲載しておりますので、あわせてご覧ください

カテゴリー1: 小学生・中学生の部カテゴリー2: 家族の部

カテゴリー3: フリースタイルの部カテゴリー4: プロ・セミプロの部

2016  各カテゴリー審査員

CATEGORY 1

​小学生・中学生の部

KENJI KOHIYAMA

小檜山賢二

慶應義塾大学名誉教授

1942年東京生まれ。67年慶慶應義塾大学工学部電気工学科修士課程修了。92年NTT無線システム研究所長。97年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。08年慶應義塾大学名誉教授。

著書:「地球システムとしてのマルチメディア」(NTT出版)「虫をめぐるデジタルな冒険」(岩波書店)「ケータイ進化論」(NTT出版)「象虫」出版芸術社など。

 

http://www.stulab.jp/

 

 

AYAKA IKEZAWA

池澤あやか

エンジニア / タレント 東宝芸能所属

1991年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。

2006年、第6回《東宝シンデレラ》審査員特別賞受賞。同年、映画『ラフ』にてデビュー。様々なドラマ、映画で活躍。最近はNHK広報番組「とっておきサンデー」MC、Abema TV「Abema Prime」金曜MCの出演以外にも、プログラミング等のIT分野でエンジニアとして活躍の場を広げる。

著書に『小学生から楽しむ Rubyプログラミング』(日経BP社)、『アイデアを実現させる最高のツール プログラミングをはじめよう』(大和書房)がある。

https://twitter.com/ikeay

NOBUYUKI WATANABE

渡辺伸之

オリンパス株式会社 画像技術部

1985東京工業大学大学院卒、同年オリンパス入社。2001工学博士号取得 
画像処理アルゴリズム開発・知財および社内教育に従事。 最近は、オープン活動における知的財産の仕組みの整備。 仕事の傍ら公私にわたりOLYMPUS AirA01のSDKを使った作品造りを行う。3Dプリンティング活動も行っている。

https://opc.olympus-imaging.com/playair/ 
https://www.facebook.com/olympus.hmprj/?fref=ts

YOUKA WATANABE

渡辺 ゆうか

一般社団法人 国際STEM学習協会 代表理事

FabLab Kamakura 代表

多摩美術大学環境デザイン学科卒業後、都市計画、デザイン事務所を経て、2010年ファブラボジャパンに参加。2011年5月東アジア初のファブラボのひとつである、FabLabKamakuraを立ち上げ代表をつとめる。地域と世界を結び、テクノロジーの普及により実現する21世紀型の創造的学習環境構築に向けて、世代や領域を横断した活動を展開している。

ファブラボ鎌倉 : fablabkamakura.com

一般社団法人 国際STEM学習協会 :  globalstem.org

CATEGORY 2

家族の部

TSUBASA NAKAMURA

中村 翼

株式会社 東京メイカー

日本大学藝術学部大学院修了後。3DCADを使ったインダストリアルデザイン/エンジニアリング業務を経て、オンライン3Dプリントサービスの立上げに従事。その後(株)東京メイカーでは中野ブロードウェイに3Dプリンター屋をオープンし現在に至る。3Dプリンティングは社会にどんなイノベーション与えるか研究している。

 

明治大学クリエイティブインタラクション研究所客員研究員/日本大学藝術学部デザイン学科講師

http://www.tokyo-maker.com

AKINOBU SATO

佐藤 明伸

オリンパス株式会社 画像システム開発1部

MOドライブ、デジタルカメラのファームウエア開発。
2013年よりオープンプラットフォームカメラプロジェクト推進。2014年ユーザーと共に新しい映像体験を創るコミニティOPC Hack&MakeProjectを発足。
その後、2015年に発売されたオープンプラットフォームカメラOLYMPUS AIR A01の開発を担当。

https://opc.olympus-imaging.com/
https://www.olympus-imaging.jp/product/opc/a01/index.html

MARIKO SUZUKI

鈴木 真理子

FabCafe PR

クリエイティブエージェンシーロフトワークにて、​FabCafeのPRやFabCafeが主催するアワードYouFab Global Creative Awards を担当。

http://www.youfab.info/2016/?lang=ja

KOTARO IWAOKA

岩岡 孝太郎

FabCafe

1984年東京都生まれ。千葉大学で建築を学んだのち、慶應義塾大学SFC田中浩也研究室でFABを学ぶ。現在は東京都渋谷区のFabCafe Tokyoと岐阜県飛騨市のFabCafe Hidaを運営。

http://fabcafe.com/tokyo/

CATEGORY 3

フリースタイルの部

HIROSHI NISHIMURA

西村 大

STARTUP CAFE KOZA

沖縄ミライファクトリー

SE、Webデザインを仕事としながら、趣味では独学で立体造形を行う。3年前に3Dプリンター知り「これが求めていたものだ!」と直感し個人購入。以来、デジタル工作機の「現場での実用」をメインに創作を続け、3Dプロダクトの販売、コスプレ x FAB イベント「CosFAB」の開催なども手掛ける。

デジタル工作室「沖縄ミライファクトリー」管理人。

STARTUP CAFE KOZA

HITOSHI WATANABE

渡邉 仁史

DMM.make AKIBA

慶應義塾大学環境情報学部卒。2012年頃より3Dプリンタをはじめとしたデジタルファブリケ―ションの活用に興味を持ち、様々なFab施設を巡りながら実践を重ねる。2015年度DMM.com入社。
DMM.make AKIBAでは、ワークショップや講座、他企業共催ものづくり系イベント(ハッカソン等)の企画立案・運営等をこなすテックスタッフとして従事。

DMM.make AKIBA

KENZO YOSHIDA

吉田 賢造

株式会社スマメ 代表取締役

国内にて3Dプリンターや3Dスキャナ等の販売に従事後、独立し株式会社スマメを設立。
DMM 3DプリントやDMM.make AKIBAの構築及び運用を実施。
現在は浜松町にある3Dに特化したコワーキングオフィスShareTechLoungeオーガナイザーを務めるなど3Dプリンタ関連のビジネスプロデュースを手がける。

SUMAME,Inc

CATEGORY 4

プロ / セミプロの部

YUJI HARA

​原 雄司

​ケイズデザインラボ

大手通信機メーカーの試作現場に就職。その後、格闘家を続けながら金型用3次元CAD/CAMメーカーに転職し、開発責任者、子会社社長、IR担当などを経験。1990年代に切削RPなどを提唱し「机の上でものづくり」を推進。2006年に『アナログとデジタル融合で世界を変える!』を標榜しケイズデザインラボを設立。ものづくりから、デザイン、アート、医療、エンターテインメントまで、様々な分野での3Dデジタルものづくりの活用を提案している。

株式会社ケイズデザインラボ : http://www.ksdl.co.jp/

YOSHIHIKO YONETANI

​米谷 芳彦

id.arts  (アイディーアーツ株式会社)

代表取締役

国内外有名ブランドの製品デザイン開発を中心に、様々なクリエイティブディレクションを担当。1998年、デザイン・製品開発・3DCGのプロ集団id.artsを設立し、3Dプリンターや最新のデバイス機器を用いた新しいビジネスモデルの構築と、オリジナルコンテンツの開発などを多数展開中。

https://idarts.co.jp/

KYO TEIYU

​許 廷瑜   Tim Hsu

株式会社ケイズデザインラボ

テクニカルスタッフ

ソニー台湾に5年間務め、国費留学で来日し、慶應義塾大学KMDでイノベーションを学習。同時通訳、インターンを経て、卒業後現在株式会社ケイズデザインラボのラボチームに所属しています。

株式会社ケイズデザインラボ : http://www.ksdl.co.jp/

SATOE DOI

​土井 了慧

株式会社ケイズデザインラボ
ラボラトリーセクション テクニカルスタッフ

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]メディア表現研究科卒
IAMASでデジタルファブリケーションに興味を持ち、さまざまなワークショップに参加し学びながら、初心者における3Dモデリングの導入方法について研究する。
現在、株式会社ケイズデザインラボで3Dモデリング、3D機器を使った技術サポートと、初心者や子供向けのワークショップの運営に関わっている。

株式会社ケイズデザインラボ : http://www.ksdl.co.jp/

​2016 開催概要

カテゴリー1.小学生・中学生の部 「3D プリンターで自由研究」

カテゴリー2.家族の部 「家族が喜ぶ 3D プリンタ活用法」

カテゴリー3.フリースタイルの部 「3D プリンターで○○をやってみた!!!」

カテゴリー4.プロ/セミプロの部 「3D プリントエッグパッケージ」

(カテゴリ1~4それぞれの求めるもの、応募ルールの詳細は、以下より記載があります)

応募期間: 2016 年 8 月 1 日 ~ 10 月 31 日

応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

2次審査および授賞式: 2016 年 11 月 19 日(土)

慶應義塾大学 SFC オープンリサーチフォーラム、会場:六本木ミッドタウン)

応募に関する共通条件

(1) 応募作品は、「3D プリンタのみ」で制作したものに限らせていただきます。ただし 3D プリンタの機種

やメーカー、方式、材料は基本的に問いません。詳細については各カテゴリ ーによって若干の指定があ  

りますので、カテゴリー紹介のページをご参照ください。

(2) 作品の著作権は応募者に帰属します。また、すでに発表された作品等でも構いませんが、 過去に受賞歴のある作品は応募不可とします。制作費用は全てご自身でご負担ください。

(3) カテゴリー1を除き、応募作品の提出には、慶應義塾大学で運用している制作日誌共有 システム Fabbleを用い、作品のみならず、そのつくりかた、3D データ、 写真、映像等の「レシピ」を公開していただきます。Fabble の使用方法については、こちらをごらんください。

 

最優秀賞(すべてのカテゴリを総合して全体で最もすぐれた作品)

1点 賞金10 万円+副賞

 

優秀賞(各カテゴリーにおける最もすぐれた作品)

1点ずつ 賞金5万円+副賞

 

特別賞(魅力ある作品、各カテゴリー1点ずつ)

賞金1万円+副賞

本コンテストのチラシ : 下記よりダウンロードできます。

周知にご活用ください。

FAB3D CONTEST 2016  チラシ表 PDF

FAB3D CONTEST 2016  チラシ裏 PDF

カテゴリー4
実戦大会協力
協力メディア
協力ファブ施設

詳細はこちら

ものづくりオフィスSHARE

ファブラボ仙台 / FLAT

ファブラボ鎌倉
西千葉工作室
東京メイカー
ファブラボ渋谷
ファブラボ平塚

ファブラボ世田谷 at IID

ファブラボ関内

ファブラボ大田 / おおたファブ

アトファブ [at. FAB]

カインズ 鶴ヶ島店

カインズ 南砂町SUNAMO

FabCafe Tokyo

クリエイトベースカナヤマ
Fabcore
ファブラボ浜松
FabCafe Hida

ファブラボ北加賀屋
株式会社YOKOITO
The DECK 

りとるラボ

ウマバー UB1

ファブラボ山口
備前福岡郷土館 / FabLab Setouchi β

ファブラボ太宰府
ファブラボ佐賀
ファブラボ天神
ファブラボ大分
北九州イノベーションギャラリー
カインズ 福岡新宮店
anno lab
Mono Lab., 日本文理大学ERC

オキナワミライファクトリー