FAQ

よくある質問とその答え

Q1. 地元のまちのまちづくりじゃないとダメですか?

A. 地元や居住する「まち」かは、特に問いません。ただし、どこの地域かは明記ください。

 

Q2. (何か特定のことを指して)これは「まちづくり」ですか?

A. 何が「まちづくり」に当たるかは応募してくださるみなさんのアイディアと判断にお任せしています。伝わりにくい

場合は、Fabbleを上手に使いこなして語り、審査員にアピールしてください。

 

Q3. 3Dプリンターを使わず、ショップボットやレーザーカッターを使って立体物を作ってもいいですか?3Dプリンターはまだ持っていないので是非入選して獲得したいんです。

A. 3D プリンタが入っていることが望ましいですが、ショップボットやレーザーカッターなどのデジタル工作機械等を

活用し制作した部分が含まれていれば審査対象となります。

 

Q4. 3DプリンターやIoTの技術の利活用法を発掘することが目的のひとつに示されています。IoTを使うけど3Dプリンターを使わない応募作品でもいいですか?

A. CADソフトなどで「設計データ」部分が含まれて、それらが作品の一部として触れられる状態にあることが審査作品の前提条件となります。IoT (Internet of Things)に関してのご提案は、応募してくださる皆さんの自由な発想に期待しています。

 

Q5. 個人部門の審査基準について教えて下さい。

A.審査基準は、下記になります。

  • 提案の質

  • 技術の高さと完成度

  • 独創性

  • コストパフォーマンス

  • 全体の一貫性 / ドキュメンテーション

 

Q6. 審査員について教えて下さい。

A.ファブ3Dコンテスト審査委員会(慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアム企業会員)により審査が行われます。審査委員長:慶應義塾大学環境情報学部 田中浩也教授)

Q7. みんなが幸せになったり、楽しく遊べるようなアイディアでもいいですか?それともネガティブな問題を扱う必要がありますか?

A.最終的に「まちの未来をより良くするモノ・コト」につながるアイデアであれば、どのような課題やテーマを扱っても大丈夫です。応募者の判断にお任せしています。

 

Q8. SDGsに関係がなくてもいいのですか?

A.最終的に「まちの未来をより良くするモノ・コト」につながるアイデアであれば、どのような課題やテーマを扱うのかは、応募者の判断にお任せしています。

Q9. 個人部門で、ほかの人に手伝いをしてもらったらだめですか?

A.チームメンバーではなく、サポートしていただいた方がいる場合は、Fabble上で記載をお願いします。

 

Q10. チームの規模に制限はありますか?

A.特に制限はありませんが、代表者を決めてエントリーしていただく必要があります。

 

Q11. ねらい通りの効果が出るかを確認・検証する方がよいですか?

A.より良い提案をする場合は、確認や検証プロセスが必要になるかと思います。最終的な判断は、応募者の判断にお任せしています。

 

Q12. 表彰式に出られなくても構わないでしょうか?

A. 表彰式は、欠席でも代理の方の出席でも構いません。ぜひ応募ください。

(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN )