FABアドバイザーを募集しています

​受付は終了いたしました

2020年度のファブ3Dコンテストは、これまで実施していたチーム部門をオンラインチーム部門という形式で今年度試験的に実施する事になりました。そこで、今回オンラインで全国の中高生にアドバイスをする方を、全国のFAB施設より募集いたします。一緒に試行錯誤できる方々をお待ちしております。
(取り組み内容や応募条件、スケジュールなど下記に記載しております)


【形式】
準備期間やミーティング、セッション含めて全てオンラインでのセッションになります


 

【本取り組みに参加するメリット】
- アドバイザーとして教育実践の機会提供とその証明

アドバイザーコミュニティーへの参加
- コンテストWEBサイトにてアドバイザーとしてご紹介
- 全国のアドバイザーならびにファブ関係者とのネットワーキング
- コーチングなど応募者をサポートするソフトスキルを実践的に身に付けたい方

- アドバイザーコミュニティーへ参加してスキルアップしていきたい方 (スキルセットセッションを行います)


【応募条件】
(1)ボランティアでの取り組みである事に対して同意を得られる方 (教育実践の機会として活用ください)

(2)未成年とのやり取りのため応募者の所属と本人以外の推薦者の登録が必要となります
(3)Autodesk社のTinkercadが使えること
(4)アドバイザーとしてご協力いただく期間の間、3Dプリンター含むデジタルファブリケーション機器にアクセスできることが必要となります

(5)キックオフミーティング、アドバイザーミーティング (第1-5回の全セッションへの参加)
 

【主なスケジュール】※状況に応じて、日程、時間帯は変更する場合もあります

7月中旬 キックオフミーティング ※日時はアドバイザーの状況で調整

7月下旬 スキルセットミーティング 2回程 ※日時はアドバイザーの状況で調整

​スキルセット 8月2日(日) 9:00 - 12:00 ※応募者の状況によっては、予定より前に実施する場合もあります

第1回 全体セッション8月9日(日) 9:00 - 12:00

第2回 全体セッション8月23日(日) 9:00 - 12:00

第3回 グループセッション9月6日(日) 9:00 - 12:00

第4回 グループセッション9月27日(日) 9:00 - 12:00

第5回 全体セッション / 最終報告会

【お願いしたい事】
- 丁寧かつ誠実、笑顔にあふれたコミュニケーションの心がけ
- 知っている技術を一方的に教えるのではなく、学習者の意欲や関心を引き出していく支援
- オンラインコラボレーションの試行錯誤

​- チームビルディング (アイスブレイク含む)、チームに対するファシリテーション及び相談役


【サポート体制】
- 出力物の郵送などが発生した場合の費用
- 定期的なアドバイザーミーティング(週1回 1-1.5時間)
- Slackにて随時状況や課題を共有していきます
- スキルセットセッション (基本スキルや進め方など、必要に応じて実施)


【FABアドバイザー募集期間】
2020年6月20日-7月8日15:00 迄


【応募結果について】
2020年7月10日迄にメールでお返事

​問い合わせ  コチラ

実施体制図

(C) 慶應義塾大学 SFC研究所 ファブ地球社会コンソーシアム


当コンソーシアムは、デジタルファブリケーション技術が浸透する社会における、働き方の変化、ライフスタイルの変化、価値観の変化を捉え、文化と産業の新しいかたちを検討する集まりです。特に「ファブシティズンデザインワーキンググループ」では、デジタルファブリケーション技術のうち、特に発展が著しい、3Dプリンタ、3Dサービス関連事業者のコンソーシアム参加を募集しています。本ポータルサイトは、3Dプリンタにまつわるさまざまな情報をコンソーシアム会員から集約し、整理して一般に発信することで、3D文化と産業の発展を促進する目的で構築されました。

Powered by 一般社団法人 国際STEM学習協会

(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN )